Vagrantで構築したWordPressにLAN内からアクセスする方法

WordPressをローカル開発環境でPCだけでなく、スマートフォンやタブレットでも確認したいと思い、Vagrantを設定しました。

以下、1~4まで手順です。

1.IPアドレスとアダプタ名の確認をする

コマンドプロンプトを開いて、「ipconfig /all」と入力します。すると以下のような画面になると思います(個人情報は隠しております)。ネットワークアダプタの名前とIPアドレスを見ます。

上記の画像だと「説明・・・Realtek PCIe GBE Family Controller」と、IPv4アドレス・・・192.168.0.12(優先)」です。これはお使いのPCによって異なると思います。

2.Vagrantfileを書き換える

Vagrantfileをエディタで開きます。Vagrantfileは、私のPCの場合、Dドライブの下にVagrantフォルダがあり、そのさらに下の「MyCentOS」フォルダにありました。

このVagrantfileを開いたときの画面が下の画像です。40行目くらいに、上記の「1」のコマンドプロンプトに書いてあったネットワークアダプタ名とホストアドレスだけを変えたIPv4アドレスを下記のように書きます。

ホストアドレスを変えたIPアドレスとは簡単に言えば、IPの一番右端の数字を変えたIPアドレスです。私の場合を例に取ってみると、

192.168.0.12・・・・この12がホストアドレスなので、同じLAN内で重複しない数字に変えてやります。私は上記の画像の通り「33」にしました。

config.vm.network “public_network”, ip: “(ホストアドレスを変えたIPv4アドレス)”, bridge: “(ネットワークアダプタ名)”

私のPCの場合だと、

config.vm.network “public_network”, ip: “192.168.0.33”, bridge: “Realtek PCIe GBE Family Controller”

と書きました。この後、PowerShellで「vagrant up」か「vagrant reload

」かを入力します。

3.Wordpressの一般設定を変更する

WordPressの一般設定の「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」を「2」で書いたIPアドレスを入力します。

私のPCの場合だと、http://192.168.0.33/ でした。

4.他のPC、タブレット、スマートフォンでアクセスを確認する

他のデバイスのブラウザで「http://上記で設定したIPアドレス/」を入力してみます。さらにそのIPアドレスの次にWordPressのパスを入力してアクセスしてみます。うまく表示されるはずです。

まとめ

チラシの裏に書くのはもったいないのでここに書いておきました。