禁煙2ヶ月以上 吸いたいと思ったなら電子タバコ

私は今年の母の日(2017年5月14日)に紙巻きタバコをやめて電子タバコ(いわゆるヴェイパー)に変えました。一応、自分の中では禁煙しているつもりです。

嫌煙家にとって紙巻きタバコの副流煙はとても臭く感じるそうです。ツレがタバコ嫌いだったこともあり、紙巻きタバコの禁煙を始めました。現在吸っている電子タバコからは全く匂いがないと言っています。紙巻きタバコは「煙り」が出ますが、電子タバコから出るのは「水蒸気」なので匂いが非常に少ないためだと思います。

「一応」禁煙していますが、この2ヶ月以上の間に実は3日くらい紙巻きタバコを吸ってしまいました。理由は電子タバコが壊れてしまい新しいものが注文してから届くまでの間ニコチン不足でどうしようもなかったからでした。その3日くらい以外は全く紙巻きタバコを吸っていません。

よって、電子タバコは私の日常にとって欠かすことの出来ないものとなりました。ニコチン入りのリキッドで電子タバコを吸っていますので、ニコチンがないと生きていけないのです。

ニコチンの量は自分で調節できるので、徐々に減らしていってはいますが、まだまだ完全にゼロにするのは難しいです。

紙巻きタバコからは離れられましたが、ニコチン中毒から脱出するのは難しいのです。

逆に言えばニコチン中毒から脱出するのは難しいですが、紙巻きタバコを辞めることは簡単です。電子タバコを使ってニコチン入りのリキッドを吸えば良いのですから。

私が現在使っている電子タバコは以下のシルバーカラーのものを使っています。

価格は5000円前後で紙巻きタバコの価格を考えれば大して高くないと思います。この電子タバコ本体とリキッドがあれば紙巻きタバコとはオサラバできるはずです。

リキッドに関しては以下の記事に書いております。

ちなみに今、流行りのアイコスやプルームも電子タバコと言われていますが、タバコの葉っぱを燃焼させているので嫌煙家からすれば臭いそうです。なので、どうせ紙巻きタバコをやめようと思っているならリキッドを使った電子タバコに変えたほうが良いと思います。