禁煙3週間後のエピソード ~ニコチン吸収中~

紙巻きタバコをやめて3週間が経ちました。それ以来、一本たりとも紙巻きタバコやアイコスなどを使ったタバコを吸っていません。

電子タバコのリキッドに入ってるニコチンは吸収していますのでニコチン中毒状態は旧態依然としてあります。

紙巻きタバコをやめた当初の記事は禁煙始めました・・・でもねに書いていますのでご覧ください。

周りの人の反応

電子タバコは吸っていますがニコチンは無味無臭なので、周りの人から「タバコやめましたか?」と言われることが多くなりました。タバコの嫌な匂いが私から全くしないからだと思います。特に女性からの反応が多いように感じました。この影響が一番うれしかったことです。女性の方で電子タバコを吸う方も増えてきているように感じます。吸う美容液 プラスビューティーというのは国産のリキッドで、ニコチンは入っていないどころか吸うだけでキレイになれるという優れモノですのでオススメします。煙のようなミストもちゃんと出るので吸っている感はしっかりあります。
姉agehaなどのファッション誌で活躍中の桜井莉菜さんもInstagramで吸われています。


「吸うほど綺麗になれるのなら吸うしかないでしょ!w」と書かれているのでカナリ吸う美容液 プラスビューティーがお気に入りのようです。
出典:instagram@rina__sakurai

灰皿、ライターを処分

実は3週間も紙巻きタバコをやめられるとは開始した当初は思っていませんでした。紙巻きタバコはもう持っていませんが、灰皿とライターはもしかしたら吸うかもしれないと思い捨てずに取っておきました。しかし、3週間が経ち紙巻きタバコを吸いたいと思うことはほとんどないので、本日処分しました。これで紙巻きタバコを吸うハードルがさらに高くなったので、紙巻きタバコを吸うことはないでしょう。

アルコール摂取のときは注意

しかしながら、アルコールが入ったときは注意しなければなりません。無性に紙巻きタバコを吸いたくなることがあるからです。なぜかはよく分かりません。友人や知人と飲む酒の席でタバコを吸っている人がいるときはさらに注意しなければなりません。タバコを勧められる恐れがあり、もし1本でも吸ってしまったら元の木阿弥になってしまうからです。今までの努力が水の泡です。

夢の変化

紙巻きタバコをやめてから夜中に見る夢にも変化がありました。禁煙するまでは夢の中の自分は紙巻きタバコを吸っていました。しかしながら、紙巻きタバコをやめて2週間が経った頃から夢の中に出てくる自分はタバコを吸っていないのです。夢という無意識にも禁煙の影響が出ていることがわかります。

朝の一服がなくなった

また、禁煙する前、朝目覚めたときは、直ぐに朝の一服と称して紙巻きタバコをプカプカと吸っていました。しかしながら、今は朝目覚めても紙巻きタバコはないので吸えません。電子タバコを寝起きに吸いたいと思うことも多くはありません。だから、ニコチンの摂取量自体が減ってきていると思います。ただ禁煙してまだ3週間なのでビタミンCが不足している感じがします。吸うビタミンスティック《C-tec Duo》という電子タバコでビタミンCを補充しようかなと考えているところです。とにかく以前より比較的爽快な朝を迎えられるようになりました。

最終的にはニコチンゼロへ

最終的には電子タバコへ注入するニコチンの量をゼロにする予定です。現在は徐々に減らしていっている状態です。現在、残っているニコチンリキッドはボトルに半分くらいあります。これが無くなってしまう前にニコチンの摂取をゼロにするのが目標です。

このニコチンベース液はPG100%、100MG/MLで100MLのボトルです。700円くらいで海外のサイトで購入したものです。詳しく知りたい方は電子タバコ ニコチン入りリキッドの個人輸入 国産リキッドの紹介をご覧ください。

まとめ

紙巻きタバコをやめた後の1週間は本当に辛かったです。その当時の様子は禁煙始めました・・・でもねに書いております。しかし3週間が経過してほとんど辛さはありません。このまま紙巻きタバコからは離れつつ電子タバコを吸い続けてニコチンの量を徐々に減らしていきます。次回は禁煙(紙巻きタバコ離脱)から4週間か1ヶ月が経った時にその時の現状を書いてみたいと思います。