FX、始めてみました。

TOEIC800スコアをクリアしてから、これと言った目標がなくなっていました。就活もそれなりにしてはみましたが、TOEICはアラフォーという私には殆ど役に立つ武器にはなりませんでした。

何社かの転職エージェントに登録して、実際に何人かのエージェントと会いました。そこで言われたことは、アラフォーなら管理職での求人が多く、これまでに管理職としての経験が重要になってくる、とのこと。TOEICなどどうでも良いと言わんばかりの対応でした。これまで管理職など経験したことのない私としては敵前逃亡するしかありませんでした。

どうすればいいのか分からないまま数ヶ月くらい鬱々とした気分でいました。

なにか熱中できることがしたい。何かにハマりたい。

ゲームならハマれるかなと思い、なんとなくゲームをしながら日々が過ぎていきました。

そんなゲームをしていると、時折妙な焦燥感が訪れてきました。

「このままではいけないんだ。」

無職という現実から目をそらそうとしているだけで、その現実は何も変えようとしていない。

どうやって生活費や将来の蓄えを稼ごうか。いわゆる「仕事」はもうできそうにない。

なんとなく本棚を整理していると10年以上も前に買ったFX(外貨証拠金為替取引)の本が見つかりました。FXのシステムトレードの入門書でした。10年以上も前からどうにか金を稼ごうとしていたんだなぁと思いつつ、本を読み始めました。

「FXって意外にもシミュレーションゲームと似てる」と思いました。

ゲームのsims、信長の野望、三國志、football managerとかをプレイしていたのですが、私はゲームでもシミュレーションが好きでした。

「何もしないと始まらない。何かを始めれば変わるかもしれない。」と思い、それからネットでFXについて調べまくりました。

書籍なども数冊買い求め、読み始めました。

FXのデモ口座を開設して、少しずつFXの取引を勉強し始めました。

そして1週間前の2017年12月15日にFX口座を開設しました。

実際に自分のお金が増えたり減ったりするのは「シミュレーションゲーム」ではなく「シミュレーションライフ」のようなもので、私には合っているように感じています。

初めて始めたばかりなので面白く感じるだけかもしれませんが、しばらくはFXでマネーシミュレーションをやってみたいと思います。

今後、このブログでもFXに関しての記事が増えていくと思われます。

TOEICについての記事がなくなるとは言いませんが、かなり減少すると思います。

ちなみに上記した、本棚でたまたま見つけたFX本はこれです。