Amazonセール品の「MonsterX U3.0R」を使ってみた感想

プレイステーション3(PS3)でよく遊んでいたときは、いつかビデオキャプチャーボードが欲しいなと思っていましたが、PS3で遊ぶ機会が減るとともにビデオキャプチャーボードへの購買欲はなくなっていきました。しかし2017年春に任天堂のゲーム機、Switchを購入してからビデオキャプチャーボードへの物欲が再燃してしまいました。スプラトゥーン2が販売されるまでに買えたら良いかなと思っていました。

そんなことを思いながらいつも通りメールチェックしているとAmazonから「2017年6月19日、MonsterX U3.0Rをタイムセールします」とお知らせが来ていました。通常、参考価格は21,000円で、普段は19,734円前後で販売されています。しかし今回はタイムセールで16,569円! 3,000円も安くなっており思わずポチってしましました。レビューを何件か見てみると概ね高評価だったので即買いです。

そして翌日6月20日にヤマトの宅急便で届きました。「MonsterX U3.0R」を使うためにパソコンのUSB3.0は必須です。またソフトウェエンコードなのでパソコンにある程度のスペックを要求されます。以下に簡単に私のPCスペックを書いておきますので参考にして下さい。

  • OS: Windows 10 Pro
  • CPU: AMD A10-7800 @ 3.50GHz
  • GPU: RADEON R7 250
  • RAM: Elixir 16GB (8GB * 2) DDR3-1600

よく問題となるUSB3.0ホストコントローラに関して、私のPCではAMD製のものでした。「MonsterX U3.0R」推奨のIntel製、Renesas製ではないところが気になりました。

早速開封して、私が所有しているデスクトップPCで使えるか少し不安になりながら開封して配線して繋いでみました。右側のUSB3.0コネクタはPCと繋いでいます。INはSwitch、OUTはテレビとそれぞれ繋いでいます。この後、ドライバをダウンロードしてインストールしてみましたが、私のPCで問題なく使えました。

ドライバに関して留意点。元々この「MonsterX U3.0R」に付属しているCDROMからドライバをインストールできます。しかし、PS3も「MonsterX U3.0R」で使いたい方はドライバ Ver 1.3.13196.0をネットで見つけてインストールしましょう。現在2017年6月20日時点ではウェブアーカイブからダウンロードできました。このページの「MonsterX U3.0R」ドライバzipをダウンロードしてインストールすれば良いです。

機能に関しては全く問題なく満足でした。さらに特典が同封されていました!

価格ドットコムにレビューを書くと、QUOカード1000円分がもらえるんです。実質1000円の値引きですね。ということは実質15,569円で「MonsterX U3.0R」を購入することが出来たことになります。

Twitchでは問題なく「MonsterX U3.0R」を利用することが出来ました。

ばえらっちのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する

満足のいく買い物が久々にできた気が出来ます。これを機にTwitchで配信することが多くなるかもしれません。