歌うニーチェ、稲葉浩志

稲葉浩志の大ファン

私は根っからのB’zの稲葉浩志(以降稲葉さん)の大ファンです。歌詞とその歌声が大好きなのです。ほぼ全部のB’zおよびソロ活動関係のシングルおよびアルバムを購入しています。

その稲葉さんがあの哲学者ニーチェの生まれ変わりではないかと思うようになったのです。だいぶん前から薄々は思っていたのですけどね。稲葉さんもニーチェもそれを否定すると思います。しかし生まれ変わりだと思えるような極めて似ていると思えてならない思想というか思想回路が両者に共通しているのです。

ニーチェの「強者と弱者」

ニーチェの考え方で「強者と弱者」というものがあります。これは権力を持つものと持たない者、支配者と被支配者という区別を意味しているものではありません。

「強者」は創造力を持ち、行動的で積極的に物事を作り出して生を楽しむことを知っている人間のことです。一方で「弱者」はその逆で自分に価値を見出せずことができず、そのため自分の価値評価は屈折したものとなります。

人間は誰しも弱い部分があれば強い部分もあると思われます。つまり完全な「強者」はいないはずで、一方の完全な「弱者」もいないはずです。だからニーチェはその不完全な我々人間が持つ「弱いところを克服して強くなれ」、つまり「弱者」から「強者」になれと伝えたかったのだろうと私は思っています。

稲葉さんの歌詞

稲葉さんの歌詞には「弱い自分を克服して強くなるぞ」というような人物を描いたものが多いと私は思います。その歌詞を挙げれば枚挙に暇がないので一曲だけ挙げるとすればB’zのTHE CIRCLEというアルバムに収録されているBrighter Dayという曲です。歌詞を掲載することはできませんが英語の歌詞です。歌詞の内容を意訳してまとめると「弱い自分が強くなろうと自分を変えて最後には輝ける日々へと続く道を見つける」というような感じです。

ニーチェと稲葉さんに共通する「継続的自己成長」

ニーチェも稲葉さんも双方とも「弱い自分を変えて強くなろう」という意志が共通してると思います。これは一つの価値観です。もちろん別の思想家や別の作詞家のなかには「ありのままの弱い自分でいいんだよ」といったような価値観を唱えたり書いたりしているかもしれません。しかし私は「弱い自分を変えて強くなろう」という価値観が大好きなんです。「弱い自分を変えて強くなる」というのは「継続的自己成長」ともいえます。これは私のライフテーマです。死ぬまで学習して成長していきたい、そう強く思い日々生きていきたいです。

今回参考にした書籍や音楽を下記に載せておきます。

ネガティブになりかけたりヤル気が出ない時に上掲の歌や本を聞いたり読んだりするとポジティブになって元気が出てきます。

私にとっては稲葉さんの曲とニーチェの本ですが、みなさんも元気が出てくる曲や本などがあるはずだと思います。最後まで読んでくださってありがとうございました。やっぱり音楽(読書)っていいですね~! それでは次回の投稿をご期待下さい!サヨナラ サヨナラ サヨナラ!