香港の食事は美味すぎた ー香港旅行の思い出ー

2013年10月4日から8日まで香港に行ってきました。香港の友人が招いてくれたんですが、都合がついたので行ってきました。数回にかけて香港旅行の思い出を書いています。今回はその第三回目です。過去の香港に関する記事は下記のとおりです。

  1. 香港旅行の思い出 格安航空券Peachで香港へ
  2. 香港で伝説のドラゴンと遭遇! ー香港旅行の思い出ー

今回は香港での食事について書いていきます。

基本、他のアジアと同じく屋台で食事するのが安いです。
何にせよ、香港は物価が低くはないので、普通のレストランに入ると日本より割高に感じます。

初の香港のレストランでの食事が下画像。

画像の上にチラッと見えるのが必携の「地球の歩き方」です。
それと皿の大きさを見てみてください。
かなりのボリュームがあるスパゲッティ?に豚肉が入ったソース。
あとチンゲンサイとコーンが少々。味も文句なしに美味しかったです。
当然、残さず食べて満腹中枢が大満足でした。

次に地元の食堂での料理です。宏興美食館という名前のレストランでした。

店内から店の外を撮りました。人はごった返してました。

店には窓もドアもありません。
すごい暑い中、扇風機だけが回っていました。

左から野菜満タンのスープ、シャコ?なんだか忘れましたが魚介類、と肉がいっぱい載ったご飯。

肉が乗ったご飯は混ぜて食べるんだと友人が混ぜてしまいました。私としては混ぜずに食べたかったですけど、郷に入れば郷に従えですね。

味は最高にハオチーです。本当に美味しかったです。ただシャコだか海老の殻をテーブルの上にぶちまけるのは香港人としては当然なんでしょうけど、日本人の私としては少し衛生的にどうなのかなぁと思いました。

翌朝は私一人で近所の食堂で朝食を食べました。

ご飯と目玉焼きと野菜のみです。シンプル・イズ・ベストですね。味は見たマンマというか美味しかったです。旅行できてるから舌に補正が入っていたのかもしれませんが、それを差し引いても美味しかったです。

次回も香港での食事について書きたいと思います。